動作を変えることで膝の負担が軽くなることを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

ふだんの動作の改善

ふだんの動作の改善

ふだんの動作の改善によって、膝の負担を減らすことができます。例えば階段ですが、原則「1段2足」を守りましょう。上りは、痛みの少ないほうの足で1段上って、反対側の足をそろえていきます。下りは逆で、痛みの強い方の足から1段下りて、反対側の足をそろえます。 膝に強い痛みがある人は、無理をせずに階段よりもエスカレーターやエレベーターを使いましょう。

階段を使うなら手すりをしっかり持って

もし頑張って階段を使うというのでしたら、手すりをしっかり持って体重を支えると負担は減ります。もし荷物があるのなら、左右均等に持つ癖をつけましょう。多くの方が、左右どちらかに片寄って持つことが見られます。片方ばかりですと、片側だけに重さがかかってしまい、膝に負担がかかってしまいます。もし荷物が1つしかなくて左右均等にできない場合などは、荷物は時々持ち替えてるなどして、片方だけに荷物が片寄らないようにしましょう。

荷物が複数ある場合、重さが左右で均等になるように分けて持ってください。キャスターつきのバッグが売ってますので、活用するのも手でしょう。膝サポーターなどの補助具を活用する方法もあります。膝サポーターや足底板は、整形外科医が患者の膝の状態に合ったものを処方するので健康保険が適用されます。整形外科医や理学療法士と相談しつつ、自分の膝にあった補助具を選びましょう。

他の補助具

ポイント

大腿四頭筋が弱くなって膝が不安定な場合には、膝にはめて補助するサポーターを指示されます。金属の棒やプラスチックがサポーターの両側にに入っていて、膝の安定を促します。膝を冷やさないように保温するといったサポーターもあります。注意したいのが、サポーターを多用しすぎると、かえって筋肉低下を招いてしまうということです。可能なら、サポーターをつけっぱなしはしないようにしましょう。サポーターを外して、時には運動を行うように意識してください。

重心の片寄りを改善する補助器具
楽に歩ける

足底板というものがありまして、どんなものかといいますと、内側が低く外側が高い中敷です。 重心の片寄りを改善する補助器具となっています。 これを靴や靴下の中に入れたり靴底につけることによって、O脚の人は重心を外側に移動すること が可能です。 足底板のおかげで、膝の内側にかかる負担が軽減さ れます。 症状が進みすぎると足底板だけでは対応不可能ですので、注意しましょう。 あとは杖などを使って歩くと、膝への負担を減らすことが可能です。 今の自分の状態を考えて、できる限り痛みを押さえる方法をしっかりとることが大切になってきます。 人により方法は様々ですので、他の人に効いても自分に効くとは限りませんので、自分に合う方法をゆっくり 探していきましょう。

膝の痛みの効率的な改善方法の基礎的知識