膝の痛みの治療法のひとつである手術について学びましょう

サイトマップ

トップバナー

手術療法

手術を行わない保存的療法

基本的に、膝関節の治療は、手術を行わない保存的療法が主です。 この保存療法を一定期間行って様子をみていきます。 保存療法を行なっても改善が見られなく日常生活に支障を来している、 骨のガンが発見されて急な治療を要するなどといった状況になりますと手術を行うことになります。 手術内容は、関節の状態や患者の年齢・生活環境などの考慮の上で決定されます。

どんな手術があるか

どんな手術があるか、ご紹介していきましょう。 関節鏡下郭清術は、膝に数カ所小さな穴を開け、カメラの付いた内視鏡や手術器具を挿入して手術を行います。 人工関節置換術は、関節の一部、もしくは全部を金属やポリエチレン製の人工関節に替える手術です。 高位脛骨骨切り術は、骨の一部を切りとって骨の向きを変える手術です。 そうすることにより、脚をまっすぐに矯正できるようになります。

半月板切除術・半月板縫合術というのは、剥がれた半月板や欠けた半月板を取り除く、破損した半月板を縫合または一部切除する手術をいいます。 再建手術は、靭帯が切れる靭帯断裂という病気の時に行う手術です。 腱(けん)を切り取って靭帯の代わりにします。 関節固定術は、関節の軟骨部分を全て削り取り、ネジやプレートで骨を固定する手術です。

その他の治療法

ポイント

「膝に水がたまっている」という言葉を、耳にしたことはありませんか。 これは”関節水腫”と呼ばれる病気です。 関節内ですり減った軟骨のカスが元で炎症を引き起こし、関節液と呼ばれる液体が異常に分泌されてしまった状態をいいます。 水がたまることにより、関節の不安定、炎症や痛みが増すといった負のループに陥ります。 この関節液を抜き取るために、注射器を使って関節内から処置します。 これは一時的な処置でして、炎症の原因となっているカスを取り除く、ヒアルロン酸を注射するなどといった治療も同時に行われることが多いです。

温熱療法
病院

温熱療法という、膝を温め血行を促進させて痛みを緩和する治療法があります。 それとは逆に、膝を冷やして痛みを抑える治療法も存在します。 どんな時に冷やした方がよいかといいますと、急激な強い痛みがある場合、膝が腫れて熱をもっている場合などです。 こういった場合は炎症が急激に広がっているので、捻挫・打撲・骨折などの可能性があります。 炎症の広がりや内出血を抑えるため、熱をもっている所やその周辺を冷やします。 もしケガをしたら、早急に冷やすことが先決です。パニックにならず、このような問題が起きた際はすぐに冷やすようにしましょう。

膝の痛みの効率的な改善方法の基礎的知識