膝の痛みの真の問題点がどこにあるかを考えることも大事であると知りましょう

サイトマップ

トップバナー

膝の痛みの問題

膝の痛みに悩まされている

膝の痛みに悩まされている患者さんは多いと思います。 真の問題点がどこにあるかを考えることが、改善策への近道と言えます。 原因は膝自体にあるのではなく、腰ではないかという説もあります。 膝の痛みは変形性膝関節症という病名にあたる場合がほとんどだそうです。 病院の治療方法としてましては、腿の筋肉を強化するためのストレッチなどの指導があったそうです。

けれども、膝の変形というのはかなりの個人差があります。 どこまでが異常なのかを判断するというのは難しい問題なのです。 膝の内側を押すと痛みがあるとった状態は、変形性膝関節症ではない場合もあるので注意してください。 腰痛は膝に負担をかけてしまうことが多く、結果的に膝の痛みへと繋がる場合があります。 腰痛の原因を取り除くことによって、膝の痛みも一緒に改善されたという話もありました。

セカンドオピニオンの観点

もちろん、こういった話はあまりありません。 ただ、膝の痛みの原因は様々なところにあるということを覚えておいてください。 膝が痛いと正座が困難になりますが、そういう時は無理に正座をするのはやめましょう。 できれば一つの病院できちんと膝の治療をするのが望ましいです。 けれど、長く通院しても直らないことが多いのが現実です。 セカンドオピニオンの観点から申しますと、複数の病院で診てもらうという考え方もあります。

それですべてが解決するわけではないというのも、頭に入れておいてください。 年齢的なものが原因となっている場合は、完治が困難なこともあるのです。 あなたの膝痛は、どれくらい痛み続けているのでしょうか。 もしあなたが若いのでしたら、完治を目指して頑張ってください。 一生膝痛と付き合っていくよりも、今治した方が良いでしょう。 若い時はまだ軟骨も十分にあるので、様々な治療方法があると思います。

膝の痛みと仕事

ポイント

膝の痛みを訴えるのは、高齢者や女性に多いのが現状です。 その原因は仕事での姿勢にあるといわれています。 座っての作業は膝にあまり負担がかかりませんが、立ち仕事や正座仕事となると、やはり大きな負担がかかるようです。 一番の改善策は仕事の内容を変えることでしょうけれど、さすがにそれは容易ではありませんね。

たとえ中高年になって仕事を辞めた場合でも、これまでかかっていた負担が原因となって膝の痛みが改善されないこともあります。 膝は体重がかかってしまう部位なので、仕事以外の日常生活でも痛みが発生することが多々あります。 日本人には正座の習慣があるので、それが膝の痛みへと繋がっているようです。 膝が痛くなると、その正座ができなくなってしまいます。

女性に膝の痛みが多い理由
辛い階段

女性に膝の痛みが多い理由は何かと申しますと、 筋肉が少ない割に皮下脂肪が多く太りやすいというところにあります。 すなわち、男性と同じ体重であったとしても、膝への負担は女性の方が大きくなってしまうのです。 骨粗鬆症が女性に多いというのはそれも一因というのも頷けるでしょう。 膝の痛みを我慢した状態で仕事を続けるのは良くありません。

もし可能ならば、仕事内容を変えてもらいましょう。 無理でしたら、適度に休憩を挟んで膝への負担を軽減してあげましょう。 こうすることで、痛みは軽減されるでしょう。 痛みには個人差がありますので、たとえ同じ動きをしていても何もない人もいます。 変形性膝関節症は一番多い症例でして、膝の関節が変形することによって激しい痛みを発症します。 悲しいことに、根本的な改善は望めません。 できるだけ痛みが出ないような生活を送ることが重要となるのです。昔は痛みが出なかった行動も、月日が経つにつれ、痛みが出ることもあります。 そのような場合は、その時の年齢や体に合わせた動きをすることも重要です。

膝の痛みの効率的な改善方法の基礎的知識