痛みを軽減する体操もあることを学びましょう

サイトマップ

トップバナー

中変形性膝関節症の対策

膝の痛みの原因は様々

変形性膝関節症の痛みは、足の筋力維持で防ぐことが可能です。 膝の痛みの原因は様々ですが、中でも中高年に最も多いのが変形性膝関節症です。 50才以上で約700万人もいるそうで、特に女性の方に多い病気です。 膝関節でつながれる大腿骨と脛骨の間の軟骨が磨耗しているのが原因です。 この摩耗のため、膝関節の軟骨がクッションの役目を果たせなくなってしまい、 大腿骨と脛骨が直接ぶつかることによって痛みが発生します。

肥満を解消すること

変形性膝関節症の痛みが出やすい時は、朝起きてすぐの歩き始めやイスに長時間座っていて立ち上がった時、坂道や階段を降りる時です。 症状は、正座がつらい、膝がきちんと伸びない、膝に水がたまるなどといったものです。 加齢に伴う関節軟骨の老化が、変形性膝関節症の最大の原因と言われています。 膝関節は常に体の重みを支えているため、肥満と太ももの筋力低下は、それを助長してしまいます。 階段の昇り降りの際、片方の膝には体重の4~5倍の重量がかかってしまいます。

肥満を解消することで、膝の負担は大きく軽減されます。 足の筋力維持は、ウオーキングなどの日頃からの運動が大切になります。 膝の痛みが強い時は逆効果ですが、膝の痛みが軽いものならば、少しずつでも運動した方がよいでしょう。 特に自転車は、膝への負担が少ないのでおすすめです。

運動

ポイント

膝を支える大腿四頭筋を鍛えるための”太もも強化体操”を紹介します。 まずは、両足を伸ばした状態で、巻いたタオルなどを膝の下に置いてください。 そして、踵を片方ずつ上げて、10秒数えましょう。 片方10回ずつ、朝夕すると良いです。 個人差はありますが、3ヶ月くらいで症状に改善が見られます。

膝への負担が少ない体操
体操

膝痛方に適した、膝への負担が少ない体操もあります。 まず最初に、椅子に腰かけてください。 そして、右膝の位置が変わらないように注意しながら、右足のつま先を天井にむけて膝を伸ばしていきいましょう。 膝が地面と平行になったところで止め、その状態で5秒数えます。 数えたら、ゆっくり膝を下ろしてください。 左右それぞれ10回ずつ、朝と夕方の1日2回を3ヶ月続けましょう。三か月と聞くと大変だと思うかもしれませんが、 運動自体は簡単なものですので、やる時間帯などを決めて習慣づけをするようにするとよいです。

膝の痛みの効率的な改善方法の基礎的知識