膝の痛みの原因には様々あるということを理解しましょう

サイトマップ

トップバナー

膝関節の痛み

膝の構造

膝関節という場所は、人が歩く時にとても大切な役割を担っています。人間は二本足で歩く生き物なので、膝関節の痛みというものはすぐ傍にいるものだと認識しておかなければならないでしょう。痛みを我慢するというのは辛いです。もし膝関節が痛むようならば、改善方法を見つけなければ、いつの日か歩くことができなくなってしまいます。皆さんは、膝の構造を知っていますか。

膝の周囲には4つの骨があり、それらは大腿骨、膝蓋骨、脛骨、腓骨といいます。膝の関節は2つから成り立っていて、大腿骨と膝蓋骨による膝蓋大腿関節、大腿骨と脛骨からなる大腿脛骨関節からできています。関節だけでは、身体を動かすことはできません。関節を動かすためにあるのが靭帯です。靭帯は上下と前後の動きを制御していまして、全部で4本あります。他には、関節を作る骨の間に軟骨というものがあります。

半月板

この軟骨がクッションなどの役割となり、膝がスムーズに動くようになっています。半月板という名前を聞いたことありませんか。この半月板は骨と思われがちですが、実は軟骨なのです。半月板は膝の曲げ伸ばしにとても大きな役割となっていまして、もし膝の曲げ伸ばしがスムーズできない時は半月板の損傷を疑うことがほとんどです。

半月板の損傷の原因は、運動などの強い外力の場合と、加齢による衰えがあります。膝のレン トゲンを撮ることによって損傷具合が判明し、必要であれば手術をする場合があります。 若い方は時間が経てば損傷は治っていきますが、年配や高齢者になると治るのに時間 がかかってしまいます。スポーツをする方は膝を痛める人が多く、その後のスポ ーツ人生が大きく変化する人もいます。柔軟体操などをしっかりして、過度 の運動は避けるといったことも重要です。もし痛みがあるのなら、病院で きちんと改善方法を指導してもらいましょう。間違っても自己流の方法で治そう とは考えてはいけません。サプリメントなどによっても改善する場合がありますが、基本はやはりお医者様になります。

膝の痛みの原因

ポイント

膝の痛みの原因は、様々なものがあります。始めにするのは、その症状の違いを分析し、原因を探ることでしょう。膝の痛みというのは、人それぞれで症状が違いますので、自分の痛みがどういった類のものであるかを見極めることが改善方法へと導いてくれます。

膝の動きがおかしい、例えるならば膝の曲げ伸ばしがスムーズにいかない、引っかかる気がする、膝が動かないなどの症状が多いです。これらは、膝の関節部の異常であると推測されます。無理に伸ばしたり曲げたりしようとしたら、激しい痛みを発する場合が多々あるそうです。他には、歩く時に膝ががくがくしたり、膝に不安定感があるといった場合もあります。

膝に力が入らない、膝がずれる
膝を曲げる

膝に力が入らない、膝がずれるといったこともあります。膝を曲げ伸ばしする時、骨と筋肉がしっかりしているのが健康体、正常です。半月板が損傷している場合、膝ががくがくする症状を発します。スポーツなどで膝を強打した時に損傷してしまうことも少なくないそうです。曲げ伸ばしのために使われている靭帯が損傷してしまっている場合もあります。

お年寄りですと、膝に水が溜まるといった症状もあります。この膝に水が溜まるといった症状は、関節水腫と呼ばれているものになります。 関節内には関節液というものがあるのですが、この関節液が過剰に増加してしまっている状態です。自覚症状は、膝の腫れ、痛み、だるさとなります。膝の皿がぶよぶよすることによって、表面が柔らかくなっていますし、膝の動きのスムーズさが無くなる場合もあります。中高年になると骨や軟骨がもろくなって変形することがあるのですが、この変形によって引き起こされるそうです。膝の痛みに様々な原因があり、原因によって治療法も変わってきます。痛みを感じたら、まずは病院で検査をしてもらいましょう。

膝の痛みの効率的な改善方法の基礎的知識